ダンサー群青の日々
by gun3tap
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
姉貴
at 2017-06-17 14:55
友引ライブ
at 2017-06-13 22:38
アカペラタップ
at 2017-06-05 18:28
足音からのTAPDANCER..
at 2017-05-30 18:30
New Shoes♪
at 2017-05-06 21:42
最新のコメント
LINK
多目的ダンススペース
ANCE(代々木)
タップダンス・タップシューズの専門店
BASEMENT
タップダンサーSUJI TAPオフィシャルホームページ
SUJI TAP HP
毎週木曜日、代々木ANCEにて行われているタップイベント
TAP イベント 足音blog

--------------------
群青BLOG
a0159136_17431827.gif
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://while..
from http://whileli..
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

BOUNDゲスト写真
a0159136_17291475.jpg

a0159136_17291477.jpg





「上の写真」
左から、
DAION、雅勝さん、おいどん、ばんちゃん、JUNBO。

「下の写真」
おいどんとRubber band






群青
[PR]

by gun3tap | 2014-10-28 17:29 | Comments(0)
BIWAKO DANCE FES BOUND VOL.9
a0159136_17105935.jpg






BIWAKO DANCE FES
BOUND vol.9
無事に終了しました!


毎年野外で開催してきたBOUNDでしたが今年は舞台作品としてホールで行った挑戦の年でした。


初めての試みで不安も多々ありましたがみなさんの協力のお陰で大盛況の中終える事ができ、子供からお年寄りまで幅広い年齢層の方々に観てもらえホールは満席になり、立ち見のお客さんも通路を埋め尽くし会場はパンパンでした。


地元木ノ本町の近所の人達がこれほど集まり盛り上がる事は滅多にないので素直に嬉しかったです。

みなさん本当にありがとうございました。


今年のゲストは津軽三味線奏者である雅勝さんと、パーカッショニスト坂東邦明(ばんちゃん)でした。



良質な生糸の産地である地元木之本町は、和楽器糸の生産が盛んな地域で、創業明治41年の丸三ハシモトさんは 三味線やお琴などの絃を製造するメーカーとして伝統の技を守りながら、美しい音色のための製品作りを行っております。


雅勝さんは普段からその丸三ハシモトさんの弦を使っているとの事で、今回出演をお願いしました。


そしてマイメンばんちゃんは自分にとってはなくてはならない存在で最高の仲間、いつも大事な瞬間は隣にいてくれる心強い存在です。


雅勝さんのどっしり腹が座った音色は、お客さんを魅了して会場の空気をロックし、情熱と魂で叩くばんちゃんのリズムでお客さんも一気にヒートアップ!



最高のオープニングとエンディングを飾ってくれました。



本当に2人共最高です!!



そして、快く協力してくれた滋賀&愛知から参加してくれた15チームのダンサーのみんな本当にありがとう!!


BOUNDが始まり知り合って行ったみんなですが、本当に全チーム成長していてビックリでした。


それぞれのチームのカラーがあり、舞台袖からみんなの踊りを見せてもらい技術力や表現力のパワーアップを感じると共に、チャレンジ精神が前に出ていてみんな本当に素敵でした!!



そしてそして、今年はサプライズゲストとして世界にHIPHOPを広げたNYの伝説のダンサーRubber bandも出演してくれました。


当時、日本中のダンサーが彼の踊っているビデオテープを擦り切れる程見たと思います。


BOUNDで生Rubber band!!

いや~感動の一言。
独特の世界観を持つ彼のダンスに引き込まれ本番中なのを忘れる程ニヤニヤしてしまいました。


Rubber bandが木ノ本町で踊った奇跡を振り返った時に、BOUNDを続けてこなければ実現しなかったし、それはみんなのダンスにかける情熱がBOUNDを支えて来てくれたからだと思いました。



最後に、
BOUND実行委員会の先輩方。

オープニングとエンディングのMOVIEを担当してくれた最高のセンスマンSAMO(トシくん)

良質な音をコーディネートしてくれた匠SOUND(居川さん)

ホール全体を素晴らしい異空間に仕上げてくれた照明のHIKO’S DESIGN(イチヤナギさん)

KDS(木ノ本ダンススクール)
の子供達や父母のみなさん。

木ノ本町スティックホール。

カメラマンきょう君&ひでのりさん。

前座で会場をあたためてくれたCAN’CE 浜姫。

出演してくれたダンサーのみんな
&Rubber band。

来場して下さったお客さん。

戦友であり親友であり兄弟の存在JUNBO&DAION。

そして家族。



みんなの力が組み合わさり成し遂げれた熱く深く濃い一日でした。



長くなりましたが、
みなさんお疲れ様でした。



本当にありがとうございました!!




来年はいよいよ十周年!☆
乞うご期待‼★








群青
[PR]

by gun3tap | 2014-10-28 17:11 | Comments(0)