ダンサー群青の日々
by gun3tap
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
SOWL VILLAGE
at 2017-04-08 22:14
アウェイは鍛えられる!
at 2017-03-21 23:29
濃厚な週末、滋賀京都。
at 2017-03-21 00:17
ビアンカ
at 2017-03-18 12:55
岐阜も無事に終了〜!
at 2017-03-17 19:04
最新のコメント
LINK
多目的ダンススペース
ANCE(代々木)
タップダンス・タップシューズの専門店
BASEMENT
タップダンサーSUJI TAPオフィシャルホームページ
SUJI TAP HP
毎週木曜日、代々木ANCEにて行われているタップイベント
TAP イベント 足音blog

--------------------
群青BLOG
a0159136_17431827.gif
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://while..
from http://whileli..
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「本と映画」
a0159136_14551178.jpg

みなさんこんにちは!


今年はPower of Tapとして「南三陸町からの手紙」という「本」と共に東京以外の街でチャリティーLIVEを企画しています。


観に来ていただいたお客さんに喜んでもらえるLIVEになるよう一生懸命頑張ります。



南三陸町はPOTとして2回訪れ復興市でTAP DANCEを踊らせてもらった思い出の土地でもあります。


被災された方々の想いをつづったこの本の中にこんな言葉がありました。


【災害の恐ろしさ、命の大切さ、「防災」災いを防ぐ防災が、災いを忘れる「忘災」にならないように 】


「南三陸町からの手紙」を手にとり読んだお客さんが東北を想い風化を防ぐキッカケに繋がれば幸いです。




本の話しつながりですが、今日は自分が年に1度発行している東北関連のフリーペーパー
 I shiki Magazine(アイシキマガジン)について書かせてもらいます。


a0159136_14561755.jpg


名古屋の古き友である伊藤君と二人三脚で制作、3年目からは共通の友人にも手伝ってもらい3冊目を去年の秋に出しました。



2013年につくった2冊目からは様々な形で東北に関わり支援活動されている方達をインタビューさせていただき、東北や復興やチャリティーについて語ってもらいました。



様々な情報が交差するネットのニュースではなく、実際に被災地に足を運び現地を見て被災者の方々の生の声を聞きながら活動をされている方達の想いを載せてきました。



今日はそんな取り上げて来た人物の中から1人紹介させていただきます。



映画監督の鎌仲ひとみさんです。



2003年にドキュメンタリー映画「ヒバクシャー世界の終わり」2006年「六ヶ所村ラプソディー」2010年「ミツバチの羽音と地球の回転」2012「内部被曝を生き抜く」を発表、全て核を巡る作品です。



僕が初めて鎌仲さんの作品を観たのは震災の1週間前でした。
知り合いから絶対見たほうが良いと勧められ渋谷の映画館に行き「ミツバチの羽音と地球の回転」を観ました。


その後震災が起き原発が爆発…


これは大変な事が起きたと思いました。



自分の中で衝撃だった鎌仲さんの作品が震災後もずっと頭の片隅で残っていて、アイシキマガジン3冊目にしてやっとインタビューさせてもらえる事になりました。



そんな鎌仲ひとみ監督の最新作品「小さき声のカノン」の上映が開始しました。



福島-チェルノブイリ、国境を越えて被ばく 
から子どもを守る母親たちのドキュメンタリーです。



澄んだ瞳で笑顔のとっても似合うパワフルで素敵な鎌仲ひとみ監督の渾身の最新作を、みなさま是非観に行って下さい。






群青


「小さき声のカノン」


「I shiki Magazine」


「南三陸町からの手紙」


「Power of Tap・BLOG」



[PR]

by gun3tap | 2015-03-16 15:13 | Comments(0)
4年目の3月11日
東日本大震災から4年が経過しましたね。

あの震災からあっと言う間に気づけば4年。

4年と言う月日が経過しても今だに原発は収束せず、住み慣れた故郷を離れ仮設住宅で避難生活を送る方々が沢山います。


今の生活、与えられた環境、家族や仲間とのたわいもない時間、生き方を選び自分と向き合える事の幸せを忘れず感謝を持ってこれからも歩んで行きたいと思います。


2015年も今までと変わらず音楽やダンスを通じて被災地の為に出来きる事を素直に行動して行きます。


1日も早い東北の復興を願い、震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。




群青

[PR]

by gun3tap | 2015-03-11 23:58 | Comments(0)